シュヴァイネフライシュまとめ@おんJ

2ちゃんねるのまとめサイトです!よろしくね!!(*´ー`*)

       
       
       

カテゴリ: 内川コピペ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/10/10(土)17:20:34 ID:nKq
仮に、Uさんとしましょうか。アタシはUさんの出てた中日戦を見に行ったんですがねぇ、

先発のMさんがカキーンカキーンスコーンなんて打たれて大量失点、打線もピターっと止まって勢いを見せず惨敗してしまったんだ

スタジアムにファンのため息がハァーなんて響いて、どこからか「あー、今年は100敗だな」「お祓いしてもらったほうがいいんじゃないか」なんて声も聞こえてきた。いやいやアタシが言ったんじゃないんですよ

もう選手達は黙りこくってしまってそのまんまなーんにも言わずに帰っちゃった。でも昨年の首位打者Uさんは独りベンチで泣いていたってんですよ

WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・

それを今の横浜で得ることなんてとてもじゃないができそうになかったんだ

「どうすりゃいいんだ・・・」悔し涙を流し続けたUさんはそのまんまフーッと気が遠くなった

どれくらい経ったんですかねぇ、Uさんはハッ ガバッと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、ヒヤーっとしたベンチの感覚が現実に引き戻した

「あっいけね、帰ってトレーニングをしなくちゃな」Uさんは苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、ふと気付いたんだ

「あれ・・・?おかしいなあ?」

試合なんかもうとっくに終わってるのに、外野席までギッッッシリと埋めつくさんばかりにお客さんが入ってたんだ

千切れそうなほどに旗が振られ、ドゥワァァウゥワアアァァって地鳴りのようにベイスターズの子守唄、もとい応援歌が響いていたってんだ

なーんか妙だなぁ? 呆然とするUさんの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方にハッと振り返ったUさんはもうそのまんま心臓が凍りつきそうになった

「す・・・鈴木さん?」 やっぱりおかしい 「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」

「こ・・・駒田コーチ?」 おいおい何だよこれ 「なんだ内川、かってに駒田さんを引退させやがって」

「石井さん・・・」  うーナンマンダブナンマンダブ助けてくれー助けてくれー!半分パニックになりながらスコアボードを見上げた その時だ

1番:石井琢 
2番:波留 
3番:鈴木尚 
4番:ローズ 
5番:駒田 
6番:内川 
7番:進藤 
8番:谷繁 
9番:斎藤隆

暫時、唖然としていたUさんだったんですが、はたと全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっているUさんが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取ったそうですよ・・・




3 :名無しさん@おーぷん 20/10/10(土)17:22:35 ID:3H7




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/10/03(土)10:36:15 ID:jFZ
本拠地、明治神宮球場で迎えた完璧・無量大数軍の襲来。

先発ジェロニモがワンパンで顔面を潰された後リンチされ、二軍正義超人達も勢いを見せず惨敗だった。スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「つまりは下等超人の更に下の下衆人間」の声。

無言で帰り始める正義超人達の中、アイドル超人・ジェロニモは独りベンチで泣いていた。

黄金のマスク編で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる火事場のクソ力・・・それを今のジェロニモが得ることは殆ど不可能と言ってよかった。

「どうすりゃいいズラ・・・」ジェロニモは悔し涙を流し続けた。

どれくらい経ったろうか、ジェロニモははっと目覚めた。どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した。

「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃいけないズラ」ジェロニモは苦笑しながら呟いた。

立ち上がって伸びをした時、ジェロニモはふと気付いた。「あれ・・・?お客さんがいるタイ・・・」

ベンチから飛び出したジェロニモが目にしたのは、国立競技場を埋めつくさんばかりの観客だった。
千切れそうなほどにいなり寿司が振られ、地鳴りのように魂のおたけび(ジェロニモのキャラソン)が響いていた。

どういうことか分からずに呆然とするジェロニモの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた。



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/10/03(土)00:01:56 ID:X3Q
拠点の地、横浜スタジアムで迎えた中日は戦います

初発行の三浦は大量に失点で、バッターの陣容も気勢を現さないで惨敗します

スタジアムの愛好者のがため息をつきに影響して、どこに聞こえる「今年が100が敗けるのだ」の音から

言葉がなくて戻る選手達の中で始まって、去年のリードオフマンの内川は長い腰掛けでただ泣いているだけ

WBCの持つ栄の冠、喜びと感じて、感動して、かつ何(で)も信頼することができるのとチームのメンバーに比べて・・・

ほとんど今の横浜でそれのを得るのがあり得ないと言うことができます

「なぜですか?終えます…」?川は持ちますか?悔やむ目を流しますか?

多く向こうへ行きがいますか?内川は突然目覚めました

ざっと泣いて疲れて寝たようで、寒い長い腰掛けの感覚は(着く)現実に引き延ばして帰りました

「まあ、訓練」内川をしないで苦笑しながら、小声でつぶやいたのに戻ります

起きてする時増加して、内川は偶然発見しました

「それ・.・ですか?客のある・.・ですか?」

長い腰掛けの飛び出す内川から見て、ほとんど外野の議席まで(に)埋めて尽くす観衆を埋めるのです

もうすぐ粉砕するのはそのように旗は拒絶させられて、地鳴りのように地湾星チームの応援する歌は影響しています

どんな事がぼんやりする内川の背に分からないのに対して、聞こえて聞き覚えがある音があります

「seiichiため、練習を防御して、急速に」音の後ほど見る内川に目を疑いを行きます

「・.・しますか?木先生ですか?「はい」はどんなagoで、居眠りをしてもしますか?のですか?」

「・.・ウマの田のトレーナーに来ますか?」「どんな内川で、ウマの田先生を引退にとga」便宜を図ります

「石井先生・.・」内川は半分になりながら恐れ慌てる、スコアボールドを仰ぎ見ます

1番:石井は2番磨きます:波は3番残します:スズキまだ4番:バラの5番:ウマの田の6番:内川の7番:進藤の8番:谷繁の9番:斎藤隆

しばらく、思わず静かにの内川、でも、理解する時、全部、すでに彼の心の雲ひとつのにありませんでした

「・.・勝ちを制して勝ちを制することができることができます!」

中根のそこから手袋を接収して、グラウンドに向って全力で疾駆する内川、その目の中できらめく涙はもののに縁がないのを悔やみます・・・

翌日、長い腰掛けで寒い内川が発見させられるようになって、吉村と村田は病院の内で静かに息が絶えました




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/09/30(水)22:14:40 ID:pUn
本拠地、ア・バオア・クーで迎えた最終決戦…

先発・空母ドロスが炎上、学徒兵も勢いを見せず惨敗だった。

サイド3に響く公国民のため息、どこからか聞こえる「独立はもうダメだな」の声…

無言で帰り始める兵士達の中、ジオン公国軍総帥ギレン・ザビは独りベンチで泣いていた。

ルウム戦線で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるだけの数の戦力・・・。

それを今のジオン公国で得ることは殆ど不可能と言ってよかった。

「どうすりゃいいんだ・・・」

ギレンは悔し涙を流し続けた。

どれくらい経ったろうか、ギレンははっと目覚めた。どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した。

「やれやれ、帰って演説の準備をしなくちゃな」

ギレンは苦笑しながら呟いた。

立ち上がって伸びをした時、ギレンはふと気付いた。

「あれ・・・?兵士達がいる・・・?」

ベンチから飛び出したギレンが目にしたのは、要塞を埋めつくさんばかりのジオン兵だった。

千切れそうなほどにジオン軍旗が振られ、地鳴りのようにジークジオンが鳴り響いていた。

どういうことか分からずに呆然とするギレンの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた。

「兄貴、連邦との最終決戦だ、早く行くぞ」

声の方に振り返ったギレンは目を疑った。

「ド・・・ドズル?」

「どうしたんですか、兄上。居眠りでもしていたんですか?」

「ガ・・・ガルマ?」

「なんだギレン、かってに私を消滅させおって」

「父上・・・」  

ギレンは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた。



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/10/01(木)15:45:15 ID:7pP
本拠地、横浜競技場に迎へし中日戦

先発三浦が大量失点、打線も勢ひを見せず惨敗なりき

競技場に響く愛好者ため息、いづららかきこゆる「今年は百敗かな」の声

無言に帰りそむる選手達の中、昨年の首位打者内川は独り長椅子に泣けり。

WBCに手にせる栄冠、喜び、感動、かくて何よりたのむべき団かたへ・・・

それを今の横浜に得ることはおほかた不可能と言ひてよかりき

「いかがするべきなり・・・」内川は悔し涙流し続けき

いづれほど経りせむか、内川ははっとおどろきき

どうやら泣きこうじて眠りにけめり、冷たき長椅子の感覚がげに引き戻しき

「やれやれ、帰りて訓練せずはな」内川は苦笑しつつ呟きき

立ち上がりて伸びせるほど、内川はふとおどろきき


「あれ・・・?おまらうどのある・・・?」

長椅子より飛び出だしし内川が目にせるは、外野席まで埋みつくさぬばかりの観客なりき

千切れむほどに旗振られ、地鳴りのごとくベイスターズの応援歌響けり

いかなることか分からで呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声きこえきたり

「セイイチ、守備練習なり、とく行くぞ」声の方に振り返りし内川は目を疑りき

「す・・・鈴木?」 「なになりアゴ、居眠りにもせりや?」

「こ・・・駒田指導?」 「なになり内川、かってに駒田引退させやがりて」

「石井・・・」  内川は半分恐慌になりつつ得点板を見上げき

一番:石井琢 
二番:波留 
三番:鈴木尚 
四番:薔薇 
五番:駒田 
六番:内川 
七番:進藤 
八番:谷繁 
九番:斎藤隆

暫時、唖然とせる内川なれど、全てを心得しほど、もはや彼の心には雲ひとつ無かりき

「勝つべき・・・勝つべきなり!」

中根から手袋受け取り、運動場へ全力疾走する内川、その目に光る涙は口惜しさとは無たよりのものなりし・・・

翌日、長椅子に冷たくなれる内川発見され、吉村と村田は病院内に静かに息引き取りき




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/09/27(日)17:47:10 ID:OPV
よく改変ネタも見受けられる内川コピペで描かれている状況が実際にあったか検証していくやで



3 :名無しさん@おーぷん 20/09/27(日)17:48:01 ID:cdk
内川コピペってなんや?



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/08/23(日)12:52:44 ID:rmW
本拠地、水島工場で迎えたスバル戦

先発三菱が大量燃費不正、ふそうもタイヤが勢いよく飛び惨敗だった

峠に響くファンのため息、どこからか聞こえる「今度はゴーンショックだな」の声

無言で消え始める車種達の中、往年のダカールラリー優勝パジェロエボは独りガレージで泣いていた。

ラリーで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるエンジニア・・・

それを今の三菱で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」パジェロは悔しクーラントを流し続けた

どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて車検が切れてしまったようだ、冷たいガレージの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、ディーラーでレストアをしなくちゃな」パジェロは苦笑しながら呟いた

輪留めを外してエンジンをかけた時、パジェロはふと気付いた


「あれ・・・?CMにエリマキトカゲがいる・・・?」

ガレージから飛び出したパジェロが目にしたのは、津々浦々まで埋めつくさんばかりの三菱車だった

千切れそうなほどにスリーダイヤの旗が振られ、地鳴りのように三菱のエキゾーストが響いていた

どういうことか分からずに呆然とするパジェロのリアに、聞き覚えのあるエンジン音が聞こえてきた

「パジェロ、峠で練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った

「す・・・スタリオンさん?」 「なんだエボ、改造でもしてたのか?」

「こ・・・コルト?」 「なんだパジェロ、コルトさんは台湾では現役だぞ」

「ATでNAのGTOさん・・・」  パジェロは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1番:コルト 
2番:パジェロミニ 
3番:GTOのATのNA 
4番:ランサーエボリューション 
5番:デリカスペースギア 
6番:パジェロエボリューション 
7番:スタリオン 
8番:アイ 
9番:ギャランVR-4

暫時、唖然としていたパジェロだったが、全てを理解した時、もはや彼のエンジンには雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

フレンドパークのダーツを受け取り、ダカールへ全力疾走するパジェロ、その窓に光るウォッシャー液は悔しさとは無縁のものだった・・・


今年、坂祝でパジェロが生産終了され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った



2 :名無しさん@おーぷん 20/08/23(日)18:57:29 ID:SA2
よく作りこんでる



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)14:52:14 ID:pUm
本拠地である横浜スタジアムで日中の戦いが迎えられた。

スタートラインナップの三浦はゴールが多く、打線には勢いがなかった。

スタジアムから響き渡るファンのため息、どこかからの声「今年は100敗」。

黙って戻ってきた選手のなかで、昨年のトップ打者である内川選手がベンチで一人で泣いていた。

王冠、喜び、興奮、そして何よりも、WBCで信頼できるチームメイト...

今日の横浜ではなかなか手に入らないと言って良かったです。

"私は何をすべきか……"

内川は後悔し、涙を流し続けました。

内川は目覚め、それがどのくらい経過したかを確認した。

どうやら彼女は泣きながら眠りに疲れていて、冷たいベンチの感覚が彼女を現実に戻しました。

「まあ、私は家に帰って訓練しなければならない。」 内川は苦い笑顔でつぶやいた。

立ち上がって伸ばすと、内川は突然気づいた。



「あぁ……?お客さんはいる……?」

ベンチから飛び出した内川は、外野席を埋める観客を見た。

旗が波打っていたのでバラバラになったようで、ベイスターズのサポート曲がゴロゴロと響き渡った。

内川さんの背中におなじみの声が聞こえ、何も知らずに驚いてしまいました。

「誠一、守備の練習、もうすぐ行くよ」


内川は声を振り返り、目を疑った。

「す……鈴木さん?」

「あごは何を寝ていたの?」

「こまだコーチですか?」

「内田さん、駒田さんが引退したら」

「石井さん…」

内川は半ば慌てながらスコアボードを見上げた。



1位:石井卓

ナンバー2:ハル

3番:鈴木貴史

数4:ローズ

5番:駒田

6番:内川

7番:進藤

番号8:谷茂

ナンバー9:斎藤隆



しばらく内気を失った内川だったが、すべてを理解したとき、頭の中に雲はなかった。


「勝てる…勝てる!」

中根をつかんで全力疾走する内川は、目に映る涙は後悔とは無縁...


翌日、ベンチで風邪の内川が発見され、吉村と村田は静かに入院。




2 :名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)14:54:44 ID:2n7
内川女の子やん



この記事の続きを読む