シュヴァイネフライシュまとめ@おんJ

2ちゃんねるのまとめサイトです!よろしくね!!(*´ー`*)

       
       
       

カテゴリ: 内川コピペ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 21/03/02(火)22:12:54 ID:XKm
本拠地、無限城で迎えた最終決戦

上弦の肆鳴女が大量失点、十二鬼月上位三名も勢いを見せず惨敗だった

城内に響く鬨の声、どこからか聞こえる「夜明けまで一時間三分」の声

必死でまとわりつく鬼狩り達の中、無惨は独り肉の鎧の中で泣いていた。

青い彼岸花で手にした力、不変、そして何より信頼できない同類・・・

それを今の戦況で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」無惨は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、無惨ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい夜風の感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰って輸入される物品、外国の言葉、新しい機械などを学ばなきゃな」無惨は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、無惨はふと気付いた


「あれ・・・?異常者がいる・・・?」

ベンチから飛び出した無惨が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの鬼狩りだった

千切れそうなほどに日輪刀が振られ、地鳴りのように紅蓮華と炎が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする無惨の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「鬼舞辻、地獄行きだ、早く行くぞ」声の方に振り返った無惨は目を疑った

「た・・・珠世?」 「なんだ無惨、居眠りでもしてたのか?」

「ぜ・・・善良な医者?」 「命をなんだと思っているんだ」

「縁壱・・・」  無惨は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた


1番:夜神月 
2番:藍染惣右介 
3番:カーズ 
4番:鬼舞辻無惨 
5番:ディオブランドー 
6番:フリーザ 
7番:志々雄真実 
8番:大魔王バーン 
9番:マキマ

暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

炭治郎へありったけ血を捧げ、阿鼻地獄へ全力疾走する無惨、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、無限城で冷たくなっている鳴女が発見され、吉村と村田は市街地で静かに息を引き取った




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 21/01/30(土)00:25:48 ID:AhO
本拠地、NERV本部で迎えたフォースインパクト

リリンの王の罠に引っかかり発狂、いくつか槍を刺してして押さえ込むもガフの扉は閉じず惨敗だった

エントリープラグに響く碇シンジの叫び声、目の前から聞こえる「償えない罪はない。希望は残っているよ。どんな時にもね」とカヲルの声

無言でガフの扉を閉じ始める第13号機の中、14年前のNERVの人気パイロットは独りエントリープラグで泣いていた

疑似シン化第一形態で手にした綾波、S2機関、自身の意思、そして何より信頼できる綾波・・・

それを14年後の世界で得ることは不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」元人気パイロットシンジは涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、碇シンジははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいインテリアの感覚が現実に引き戻した

「やっぱりエヴァに乗ってもいい事なんて何もなかったんだ」シンジは涙を流し胃液を吐きながら呟いた

立ち上がって口元を拭った時、シンジはふと気付いた

「あれ・・・?僕を呼ぶ声がする・・・?」

エントリープラグから飛び出した碇シンジが目にしたのは、地平線まで埋めつくさんばかりのインフィニティのなりそこないとコア化した大地だった

そこに平和などないのだそう伝えてくるほどに、地獄のような光景が続いていた

現実を受け止められずに呆然とするシンジの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「ガキシンジ」声の方に振り返ったシンジは目を疑った

「アスカ・・・?」  「私のこと助けてくれないんだ」

「あ・・・綾波?」  「・・・・・・・」

「僕は・・・・なんてことを・・・まただあの時ミサトさんの言う通りにAAAヴンダーに乗っていればリツコさんの言う通りに綾波が居ないって信じたらサクラちゃんの言う通りにエヴァに乗らなければカヲルくんの言う通りに撤退していればアスカに負けていたら・・・・・・・」シンジは枯れたボキャブラリーで嗚咽を漏らしながら空を見上げた

落ちた黒き月を見て暫時、唖然としていたシンジだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には後悔する力すらも残っていなかった

「やっぱりエヴァになんか乗ったっていい事はなかったんだ!!!綾波も・・・カヲルくんも・・・誰も助けられないんだ!!!!!」

眼帯かけたちょっと怖いアスカからポーチを受け取り、父ゲンドウへ全力で敵意を向けるシンジ、その目に光る涙は悔しさから出来たのものだった・・・

翌日、コア化した大地を駆ける3人が発見され、渚カヲルはエントリープラグの中で静かに息を引き取っていた




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 21/01/22(金)22:38:42 ID:MMS
本拠地、横浜スタジアムで迎えた中日戦。

先発三浦が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった。

スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声。

無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者内川は独りベンチで泣いていた。

WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・。

それを今の横浜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった。

「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた。


どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた。

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した。

「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた。


立ち上がって伸びをした時、内川は違和感を覚えた。

内川は瓦礫の山の上に立っている事に気付いたのである。

空は赤く、空気は乾燥して薄暗く淀み、辺り一面は下水の様な腐臭を放つ赤黒い泥で満たされている。

斜めに崩れかけた電光掲示板は割れた液晶の奥に闇を湛え、無数のちぎれたケーブルを髪の毛の様にぶら下げている。

錆びて擦り切れた広告看板も判読不可能だ。


どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、何かが蠢く音が聞こえた。

音のした方に振り返った内川は震え上がった。

口。頬が破れ、びっしりと歯を並べた人間の無数の口を一斉に開けた肉塊が蠢いていた。

それぞれの口の中から枯れ木の様な手が内川に向かって伸び、それぞれの口が意味不明な悲鳴を上げた。



2 :名無しさん@おーぷん 21/01/22(金)22:39:09 ID:ztY
!?



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 21/01/23(土)02:36:12 ID:c5o
本拠地、地球で迎えた2020年感染症ペナントレース

ペナント序盤にはアメリカリーグにて猛打を奮うも、超大型ルーキー・新型コロナウィルスの登場でペナントレースから姿を消しファームで調整となった

世界中に響くウィルス達のため息、どこからか聞こえる「今年は戦力外だな」の声

もはや羨望の眼差しから軽蔑の眼差しへと変わったウィルス達の中、今年のファーム調整選手・インフルエンザは独りベンチで泣いていた。

かつて手にした罹患者、感染率、致死率、そして何より信頼できる人類・・・

それを今の地球で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」インフルエンザは悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、インフルエンザははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、ワクチン接種してない患者の体温が現実に引き戻した

「やれやれ、帰ってインフルエンザワクチン接種の啓蒙をしなくちゃな」インフルエンザは苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、インフルエンザはふと気付いた

「あれ・・・?マスクをしている人さんがいない・・・?」

インフルエンザが目にしたのは、マスクをしていない人々の群れだった

ぼーっとし弱りきった老人と子供、手洗いうがいをしない若者たち

どういうことか分からずに呆然とするインフルエンザの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「インフル、パンデミックだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったインフルエンザは目を疑った

「ノ・・・ノロウイルスさん?」  「なんだ先輩、居眠りでもしてたんですか」

「し・・・新型コロナウィルスくん?」  「なんだインフル、かってに引退したみたいな面しやがって」

「エボラ出血熱さん・・・」  インフルエンザは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1(中)HIV 
2(遊)エボラ出血熱
3(右)ペスト
4(三)新型コロナ 
5(一)スペイン風邪 
6(左)SARS
7(二)インフルエンザ
8(捕)破傷風
9(投)狂犬病

暫時、唖然としていたインフルエンザだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「優勝する・・・優勝するんだ!」

新型コロナウィルスから感染者を受け取り、バッターボックスへ全力疾走するインフルエンザ、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、感染者数で冷たくなっているインフルエンザ感染者データが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




3 :名無しさん@おーぷん 21/01/23(土)02:41:44 ID:jlx
そういや去年の序盤インフル頑張ってたな

栄枯必衰や



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 21/01/18(月)15:31:34 ID:qSP
敵地、テレビ朝日で迎えたM-1グランプリ決勝

先発インディアンズが微妙な立ち上がりで、後続のアキナは勢いを全く見せずネタから採点中、果ては敗退決定まで全てでスベり散らす恥ずかしい惨敗だった

会場と茶の間に響くファンのため息、どこからか聞こえる「恥ずかしいのはこっちだよ」の声

無言で帰り始める敗北者たちの中、ファイナリストのアキナは二人楽屋で泣いていた。

ライブで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるファン・・・

それを今のM-1で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」アキナの二人は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、アキナの二人ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい楽屋のフローリングの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、マヂラブみたいに心機一転帰ってネタ作りをしなくちゃな」アキナの二人は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、アキナの二人はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」

楽屋から飛び出したアキナの二人が目にしたのは、スタジオ外まで埋めつくさんばかりの観客だった

千切れそうなほどにえみくじが振られ、地鳴りのようにM-1の出囃子が響いていた

どういうことか分からずに呆然とするアキナの二人の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「秋山、山名、結果発表や、早く行くで」声の方に振り返ったアキナの二人は目を疑った

「い・・・今田さん?」 「なんだハゲ、居眠りでもしてたのか?」

「ま・・・松本さん?M-1もガキ使も映画も嫌気がさしてやめたはずしゃ・・・」 「なんだハゲのほう、かってに松本さんを引退させやがって」

「まさのり・・・さん・・・」  

アキナの二人は半分パニックになりながら決戦投票の結果が映ったモニターを見上げた

オール巨人:見取り図
ナイツ塙:見取り図 
志らく:アキナ 
サンド伊達:アキナ 
中川家礼二:アキナ 
上沼恵美子:おいでやすこが 
松本:内川

暫時、唖然としていたアキナの二人だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「売れる・・・売れたんだ!」

巨人師匠からトロフィーを受け取り、楽屋へ全力疾走するアキナ、その目に光る涙は恥ずかしさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




2 :名無しさん@おーぷん 21/01/18(月)15:33:55 ID:ZYi
これははずいって

-334点



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 21/01/09(土)23:36:17 ID:AH1
敵地、ムドーの城で迎えた本気ムドー戦

初ターンにこおりつくいきといなずまの連続被弾、回復間に合わずの惨敗だった

レイドック城に響く兵士のため息、どこからか聞こえる「この国も終わりだな」の声

無言で分裂させられるパーティーの中、リーダーの主人公は独りライフコッドで泣いていた。

幻の大地で手にした可愛い妹、ミレーユ、バーバラ、そして何より信頼できるハッサン・・・

それを再び得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、主人公ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいムドーのこおりつくいきの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、もう一度村長から呼び出し受けてシエーナ(マルシェ)にいって村の民芸品を売却しなくちゃな」主人公は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、主人公はふと気付いた

「あれ・・・?みたことない魔物がいる・・・?」

ライフコッド村ターニア宅から飛び出した主人公が目にしたのは、山肌の道まで埋めつくさんばかりの魔物だった

千切れそうなほどにまおうのつかいの剣が振られ、地鳴りのように「勇気ある戦い」が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする主人公の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「内川、ずしおうまるとてっこうまじんだ、早く行くぞ」声の方に振り返った主人公は目を疑った

「ハ・・・ハッさん?」 「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」

「ミ・・・ミレーユ?」 「なんだ内川、かってにアモスさんに真実を告げやがって」

「ゲント・・・」  主人公は半分パニックになりながらメニューを開いた

先頭:ハッサン(バトルマスター) 2番手:スミス(バトルマスター) 3番手:主人公(スーパースター) 4番手:チャモロ(魔法戦士) 

馬車:ミレーユ(スーパースター)、バーバラ(賢者)、ホイミン(魔法戦士)、ルーキー(レンジャー)

暫時、唖然としていた主人公だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

農夫からクワとカマを受け取り、魔物へ全力疾走する主人公、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




2 :名無しさん@おーぷん 21/01/09(土)23:37:40 ID:Z53
イネカリぎり
-6点




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :新年@あけおめ 21/01/02(土)18:20:16 ID:RYf
本拠地、中国で迎えた甲子園ワールドカップ

先発多田野が好投、打線も勢いを見せ快勝、見事すごい野球選手に輝いた

ドームに響くファンの歓声、どこからか聞こえる「すごいですね」の声

マウンドに集まる選手達を目に、テレビの前のやきゆう民(ミ(・)(・))は先住民を強○、絶頂射○の末イ○モツからケロケロ投げが飛び出し死亡していた

ちうごくssで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる師匠・・・

それを今のおんJで得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいゴン・・・」やきゆうは悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、ミ(・)(・)ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れたせいか冷たいベンチの上で泣き疲れて冷たいベンチの上で眠ってしまったようだ。

冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰って修行をするために帰って修行したいから帰って修行をしなくちゃゴン」ミ(・)(・)は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、ミ(・)(・)はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいるゴン・・・?」

ベンチから飛び出したミ(・)(・)が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった

千切れそうなほどに2mのバットが振られ、地鳴りのように実況と解説が響いていた

どういうことか分からずに呆然とするミ(・)(・)の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「やきゆうよ、修行するぞ、早く行くぞ」

声の方に振り返ったやきゆうは目を疑った

「チ・・・チ○ポジ?」「なんだやきゆう、居眠りでもして寝ながら居眠りしていたのか?」

「ケ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ケロケロくん?」

「僕には分かるよ、やきゆうチームの優勝の理由がね!」

「先住民・・・」ちうごくは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1(中) 先住民(′・w・ヽ)
2(白) OWNちゃん(O・W・N)
3(發) やきゆうミ(・)(・)
4(I)チ○ポジ(*へOへ*)
5(株) 多田野
6() 多田野のバット
7(横) 解説
8(横) 弓矢(・\W/・)
9(笑)ケロケロくん(・▲・)

暫時、唖然としていたやきゆうだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるゴン!」

多田野からバット(2m)を受け取り、打席へ全力疾走するガッツ、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、何かを思い出し無事死亡しているやきゆうが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :新年@あけおめ 21/01/03(日)13:40:31 ID:0St
敵地、読売新聞社前で迎えた箱根駅伝

往路12位の大誤算、復路は勢いを見せるも5分差で総合4位の惨敗だった

沿道に響くファンのため息、どこからか聞こえる「来年はシード落ちかも」の声

無言で帰り始める選手達の中、昨年の優勝監督原は独りベンチで泣いていた。

箱根で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる教え子たち・・・

それを今の青山学院で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」原は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、原ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチコートの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰ってトレーニングをさせなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、原はふと気付いた


「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」

監督車から飛び出した原が目にしたのは、対向車線まで埋めつくさんばかりの観客だった

千切れそうなほどに校旗が振られ、地鳴りのように青山学院大学の校歌が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする原、その背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「原監督、レペティション練習ですよ、早く行きましょう」声の方に振り返った原は目を疑った

「さ・・・3区ブレーキの湯原?」 「原監督、居眠りでもしてたんですか?」

「た・・・竹石?お前は卒業したはずじゃ・・・」 「なんだ原、かってに竹石さんを卒業させやがって」

「神林主将・・・」  原は半分パニックになりながらメンバー表を見上げた

1番:梶谷 
2区:一色 
3区:神林 
4区:田村 
5区:竹石 
6区:内川 
7区:林 
8区:下田 
9区:藤川
10区:湯原

暫時、唖然としていた原だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

竹石から襷を受け取り、翌朝、小田原中継所へ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




この記事の続きを読む