1 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)23:26:15 ID:BPO
本拠地、コスタールで迎えた勇者戦

先発ガマデウスはそこそこ好投、自身は勢いを見せず惨敗だった

灯台に灯る聖なる種火、どこからか聞こえる「ヘルクラウダーの方が強いな」の声

親元に帰り始める赤ん坊達の中、石板世界最後のボスバリクナジャは独り灯台で泣いていた

10で手にすることになる大役、喜び、感動、そして何よりフリーズしないゲーム環境・・・

それを今の7で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」バリクナジャは悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、バリクナジャははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい床の感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰ってテリワンに出なくちゃな」バリクナジャは苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、バリクナジャはふと気付いた


「あれ・・・?空が暗い・・・?」


灯台から飛び出したバリクナジャが目にしたのは、大陸を埋めつくさんばかりの暗闇だった

鬱になりそうなほどに村が荒れ、葬式のように暗い村の音楽が響いていた

どういうことか分からずに呆然とするバリクナジャの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「バリクナジャ、人間だ、早く行くぞ」声の方に振り返ったバリクナジャは目を疑った

「ゴ・・・ゴーレム?」  「なんだバリカス、居眠りでもしてたのか?」

「チョ・・・チョッキンガー?」  「なんだバリクナジャ、かってにチョッキンガーを呼び捨てにしやがって」

「マチルダさん・・・」  バリクナジャは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1番:サボテンボール 
2番:リップス 
3番:スライム 
4番:バリクナジャ 
5番:オニムカデ 
6番:内川 
7番:ちゅうまじゅう 
8番:ナスビナーラ 
9番:ねこまどう

暫時、唖然としていたバリクナジャだったが、全てを理解した時、もはや彼の体には毒ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

レベル1の勇者一行へ、全力で鞭を振り下ろすバリクナジャ、その腕から繰り出される一撃は弱さとは無縁のものだった・・・

翌日、猛毒で冷たくなっているバリクナジャが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




2 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)23:27:46 ID:2ZN
いくらなんでも草



3 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)23:28:15 ID:Xm2
よく改変したもんだと思う



4 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)23:28:32 ID:l93
テリワン3Dだと三枠の超巨大モンスターという事実



5 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)23:30:17 ID:2ZN
遺跡を出たらクソでかい巨人がいた 弱かった

これがバリクナジャとの出会いでした




6 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)23:31:08 ID:Cua




10 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)23:42:02 ID:BPO
登板の合間にドラゴンクエスト7をプレイしてデスマシーンのフリーズに思わずのけぞり怒りを露わにするなどリフレッシュにも余念がない男気黒田。

冒険の途中、居合わせた記者から現代のレブレサックで村の歴史が改ざんされたと聞くと、彼のおおめだまは不思議な石板赤より赤く燃え上がった。

得意の男気ツーシームで魔物の岩山を破壊すると、駆け付けた村人をひと睨み。男気恫喝でひるませると捕縛、ちいさなメダル5枚でメダル王に売りつける。男気溢れるファインプレーにカープ女子の興奮も最高潮に達した。

自己保身に走る村長を発見した黒田は「20億のオファーを蹴ってまで広島のために戻ってきたというのにお前は神父のために真実に目を向ける気はないのか」「リフの言っていることが正しい」「俺はプロビナでも彼に会っている」と男気を説くが、「あんな石碑はあってはならなかった」「村のためには仕方なかった」とひらりと身をかわされると大激怒。

男気バックドアで村長のひのきのぼうを容赦なく強襲、悶絶する様を見おろし「お前に残された力の種はもうない」と決め台詞を吐き村を後にしたが野間のスリーベースが嬉しくて仕方ないバリクナジャ(46)のメガンテを食らい無事砕け散った。

被告は「(カジノは)結果論」と自らの采配を振り返った。

なお次の登板には間に合うもよう。




9 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)23:36:33 ID:oWZ
内川は主人公の名前かな?