シュヴァイネフライシュまとめ@おんJ

2ちゃんねるのまとめサイトです!よろしくね!!(*´ー`*)

       
       
       

カテゴリ: 内川コピペ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/01/21(火)00:20:58 ID:pUh
本拠地、両国で迎えた初場所

栃ノ心が平幕、豪栄道も勢いを見せず関脇没落だった

国技館に響くファンの悲鳴、どこからか聞こえる「もう横綱と大関陣もオワコンだな」の声

無言で帰り始める横綱と大関力士達の中、かつての大関高安は独り風呂場で泣いていた

かつて大関で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる互助会のみんな・・・

それを今の肉体で得ることは殆ど不可能と言ってよかった


「どうすりゃいいんだ・・・」高安は悔し涙を流し続けた


どれくらい経ったろうか、高安ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい風呂の感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰って四股を踏まなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、高安はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」

支度部屋から飛び出した高安が目にしたのは、枡席まで埋めつくさんばかりの観客だった

千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように高安コールが響いていた

どういうことか分からずに呆然とする高安の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「高安、胸貸せよ、早く行くぞ」声の方に振り返った高安は目を疑った

「か・・・鶴竜さん?」  「なんだ高安、居眠りでもしてたのか?」

「は・・・日馬富士さん!?出てきちゃマズいですよ!」 

 「なんだ高安、かってに日馬富士さんを琴光喜みたいな扱いしやがって」

「豪栄道・・・」  高安は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた


横綱:白鵬 横綱:日馬富士 横綱:鶴竜 横綱:稀勢の里 

大関:照ノ富士 大関:内川 大関:豪栄道 

関脇:琴奨菊 関脇:高安 関脇:玉鷲


暫時、唖然としていた高安だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

八角理事長から賜杯を受け取った稀勢の里を迎えに、風呂場から全力疾走する高安、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、支度部屋で冷たくなっている荒磯親方と高安と豪栄道が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/01/17(金)00:27:43 ID:sZv
本拠地、ガラル地方で迎えたレート戦

ガブリアスがまさかの復活、ランドロスもさりげなく復活し大荒れだった

Switchの液晶画面に響くプレイヤーのため息、どこからか聞こえる「やっぱりフライゴミだな」の声

無言で帰り始める選手達の中、ホウエン地方ドラゴンタイプ代表のフライゴンは独りボールの中で泣いていた

ガブリアス無きガラルで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる手持ちポケモン・・・

それを今のガラルで得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「もう(種族値テコ入れしか)ないじゃん…」フライゴンは悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、フライゴンははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいボールの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、ボックスに封印だな」フライゴンは苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、フライゴンはふと気付いた


「あれ・・・?ボックス送りされてない・・・?」


ボールから飛び出したフライゴンが目にしたのは、レートを埋めつくさんばかりのトレーナーだった

千切れそうなほどにSwitchのボタンが押され、地鳴りのようにボタンを押す音が響いていた

どういうことか分からずに呆然とするフライゴンの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「フライゴン、ダブルバトルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったフライゴンは目を疑った

「ク、クリムガン?」  「なんだフライゴン、居眠りでもしてたのか?」

「に、にらみつけるコーチ?」  「なんだ内川、かってににらみつけるさんをファイヤー扱いしやがって」

「エ、エネコロロ・・・」  フライゴンは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1番:アゲハント 2番:エネコロロ 3番:クリムガン
4番:フライゴン 5番:にらみつける 6番:ブースター 
7番:オニドリル 8番:メガニウム 9番:ラブカス

暫時、唖然としていたフライゴンだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった


「こんなメンバーじゃ勝てねぇんだよ!」


デリバードから受け取ったタスキをビリビリにやぶき、その場に泣き崩れるフライゴン、その目に光る涙は嬉しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ボックスで冷たくなっているフライゴンが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/01/06(月)17:47:49 ID:ZWx
年末、NHK総合で迎えた紅白歌合戦

セクシーゾーンが育成失敗、TOKIOも勢いを見せず落選だった

スタジアムに響くジャニヲタのため息、どこからか聞こえる「ジャニーズはKーPOPに負けた敗北者ニダ」の声

無言で帰り始めるジャニタレ達の中、かつての社長ジャニー喜多川は独り地獄で泣いていた

先の時代で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるアイドルグループ・・・それを今のジャニーズで得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」喜多川は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、喜多川ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、嵐が休止したらどうなるんだろうな」喜多川は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、喜多川はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」

地獄から飛び出した喜多川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった


千切れそうなほどにうちわが振られ、地鳴りのようにジャニヲタの歓声が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする喜多川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「ジャニーさん、コンサートです、見に来てください」声の方に振り返った喜多川は目を疑った

「す・・・SMAP?」

「なんだジャニーさん、居眠りでもしてたんですか?」

「ひ・・・光GENJI?ユーたちは解散したはず」

「なんだ喜多川さん、かってにSMAPと光GENJIを解散させやがって」

「マッチ・・・」  喜多川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた


1番:KinKi Kids 2番:タッキーand翼 3番:光GENJI 4番:SMAP 5番:少年隊 6番:内川 7番:近藤真彦 8番:KATーTUN(育成成功) 9番:シブがき隊


暫時、唖然としていた喜多川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった「天下を取れる・・・取れるんだ!」

城島からチケットを受け取り、会場へ全力疾走する喜多川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、地獄で冷たくなっている喜多川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 19/12/15(日)22:44:02 ID:NhK
本拠地、ベルリンで迎えたソ連戦

先発ヴァイトリングが大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった

地下壕に響く兵士のため息、ボルマンがつぶやく「ドイツも終わりだな」の声

無言で帰り始める兵士達の中、かつての大ドイツの支配者ヒトラーは独り部屋で泣いていた。

WWⅡで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる部下・・・

それを今の国家社会主義ドイツ労働者党で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」ヒトラーは悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、ヒトラーははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい床の感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、エヴァと結婚の準備をしなくちゃな」ヒトラーは苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、ヒトラーはふと気付いた

「あれ・・・?兵士がいる・・・?」

部屋から飛び出したヒトラーが目にしたのは、地平線まで埋めつくさんばかりの兵士だった

千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにホルスト・ヴェッセルが響いていた

どういうことか分からずに呆然とするヒトラーの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「アドルフ君、ビアホールだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったヒトラーは目を疑った

「レ・・・レーム?」  「なんだヒゲ、居眠りでもしてたのか?」

「シュ・・・シュトラッサー?」  「なんだチビ、かってに二人を粛清しやがって」

「ヘス・・・」  ヒトラーは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた


1番:レーム 2番:シーラッハ 3番:シュトラッサー 4番:ゲーリング 

5番:ヒトラー 6番:ディートリヒ 7番:ベルヒトルト 8番:ヘス 9番:ダレ


暫時、唖然としていたヒトラーだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

ヒンデンブルク大統領から首相の座を受け取り、戦場へ全力疾走するヒトラー、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、地下壕で黒焦げになっているヒトラーが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 19/12/14(土)23:35:49 ID:DL9
本拠地、本所松坂町で迎えた赤穂浪士戦

警備部隊が大量失点、家老も勢いを見せず惨敗だった

屋敷に響く家臣の悲鳴、どこからか聞こえる「吉良を探せ」の声

無言で降り続ける雪景色の中、吉良家の前当主吉良上野介義央は独り台所の物置で泣いていた。

高家として手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる家臣たち・・・

それを今の吉良家で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」上野介は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、上野介ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい土間の感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、そろそろ援軍がきてほしいものだな」上野介は苦笑しながら呟いた

物陰に隠れたまま伸びをした時、上野介はふと気付いた


「あれ・・・?部下がいる・・・?」

物置から飛び出した上野介が目にしたのは、邸宅を埋めつくさんばかりの家臣団だった

千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように鬨の声が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする上野介の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「上野介さま、守備練習です、早く行きましょう」声の方に振り返った上野介は目を疑った

「つ・・・綱憲?」  「父上、居眠りでもされていたのですか?」

「よ・・・義周?当主がこんなところにいては」  「義央さま、かってに隠居したつもりにならないでください」

「富子・・・」  上野介は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1番:清水一学義久 2番:山吉新八郎盛侍 3番:上杉綱憲 4番:鳥居利右衛門正次 

5番:松原多仲 6番:小林平八郎央通 7番:左右田孫兵衛重次 8番:斎藤宮内忠長 9番:吉良上野介義央

暫時、唖然としていた上野介だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

小姓から刀を受け取り、中庭へ全力疾走する上野介、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、吉良上野介義央の首は浅野内匠頭の墓前に捧げられ、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 19/12/07(土)15:58:56 ID:PLi
敵地、日産スタジアムで迎えた横浜Fマリノス戦

4点差リードが必要な中で前半に2失点、攻撃陣も勢いを見せず惨敗だった

スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「アウェイ8連戦を首位ターンの結果がこの様か」の声

無言で帰り始める選手達の中、2019年FC東京は独りベンチで泣いていた

前半戦首位ターン、2度のカップ戦優勝、首都クラブのプライド、そして何より信頼できる他クラブから強奪した選手・・・

それを今のFC東京で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」2019年FC東京は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、2019年FC東京ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」2019年FC東京は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、2019年FC東京はふと気付いた


「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」

ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、バックスタンドまで埋めつくさんばかりの観客だった

千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように「You'll Never Walk Alone」の掛け声が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする2019年FC東京の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「2015年浦和レッズ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った2019年FC東京は目を疑った

「す・・・2014年浦和レッズ?」  「なんだ2019年FC東京、居眠りでもしてたのか?」

「こ・・・2007年浦和レッズ?」  「なんだ2019年FC東京、かってに2014年浦和レッズさんをV逸させやがって」

「2016年浦和レッズ・・・」  2019年FC東京は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1番:2016年浦和レッズ 

2番:2012年ベガルタ仙台 

3番:2013年横浜Fマリノス 

4番:2007年浦和レッズ 

5番:2014年浦和レッズ 

6番:2015年浦和レッズ 

7番:2017年鹿島アントラーズ 

8番:2009年川崎フロンターレ 

9番:2018年サンフレッチェ広島

暫時、唖然としていた2019年FC東京だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「V逸できる・・・V逸できるんだ!」

2016年川崎フロンターレからボールを受け取り、グラウンドへ全力疾走する2019年FC東京、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている2019年FC東京が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




2 :名無しさん@おーぷん 19/12/07(土)16:05:48 ID:ve1
頑張ったな





    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 19/12/03(火)08:35:21 ID:OYH
本拠地、壱番魔晄炉で迎えたリメイク発表

キャラビジュアル公開で先発ティファが大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった

ミッドガルに響くファンのため息、どこからか聞こえる「どうせ1作打ち切り」の声

無言で帰り始めるアバランチ達の中、クラウドは独りベンチで泣いていた。

FF7、CC、ACで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・

それを今のスクエニで得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」クラウドは悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、クラウドははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰ってスクワットをしなくちゃな」クラウドは苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、クラウドはふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」

ベンチから飛び出したクラウドが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりのFFファンだった

千切れそうなほどに正宗が振られ、地鳴りのようにクエイガの詠唱が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「クラウド、爆破ミッションだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったクラウドは目を疑った

「バ・・・バレット?」  「なんやクラウドさん、居眠りでもしてたんかいな?」

「ケ・・・ケットシー?」  「なんでぇ野村、ティファの生脚を奪いやがって」

「シド・・・」  クラウドは半分コンフュになりながらスコアボードを見上げた

1番:ヴィンセント 2番:レッドI III 3番:シド 4番:クラウド 5番:ユフィ 6番:ティファ 7番:エアリス 8番:バレット 9番:セフィロス

暫時、唖然としていたクラウドだったが、全てを理解した時、もはや彼の心にはクラウドひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

アルテマウェポンからアルテマウェポンを受け取り、大空洞へ全力疾走するクラウド、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ガイアの絶壁で冷たくなっているクラウドが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)16:51:21 ID:OAa
異世界、文明水準が異様に低い中世ヨーロッパ風の世界で迎えた転生生活

先発かませライバルが大量失点、魔法学園編も勢いを見せず惨敗だった

冒険者ギルドに響く無能な元パーティメンバーのため息、どこからか聞こえる「今年も追放だな」の声

無言で帰り始めるマンセー要員達の中、世界最強のなろう主は独り拠点で泣いていた。

今世で手にした栄光、喜び、転生特典、そして何より信頼できる従順な女奴隷・・・

それを今のスローライフで得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、無職の男ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい家族の視線が現実に引き戻した

「やれやれ、還って冒険の続きをしなくちゃな」無職は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、無職はふと気付いた

「あれ・・・?異世界がある・・・?」

踏み台から飛び出したなろう主が目にしたのは、地平線まで埋め尽くさんばかりのファンタジー世界の景色だった

千切れそうなほどにギルドの旗が振られ、地鳴りのように大型肉食恐竜の咆哮が響いていた

どういうことか分からずに呆然とするなろう主の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「弟子よ、今日は無属性魔法の練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返ったなろう主は目を疑った

「だ・・・大賢者の師匠?」  「なによ平民、居眠りでもしていたのかしら?」

「あ・・・悪役令嬢?」  「なんだなろう主、かってに俺を小説で悪者にしやがって」

「いじめっ子・・・」  なろう主は半分パニックになりながらジャンル別ランキングを見上げた

1番:国王の御前に転移召喚 

2番:薄っぺらい努力シーン 

3番:速攻で擬人化する人外転生 

4番:ステータスオープン

5番:主人公の多少の苦難に読者発狂 

6番:貴族の家に赤ん坊転生 

7番:かつてのクラスメイトに過度な制裁 

8番:知能0の現地人

9番:リアルないじめ描写

暫時、唖然としていたなろう主だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

女神からチート能力を受け取り、新天地へ全力疾走するなろう主、その目に光る涙は苦悩や絶望とは無縁のものだった・・・

翌日、自宅で冷たくなっている首吊り死体が発見され、吉村と村田は転生トラックに撥ねられ息を引き取った




この記事の続きを読む