シュヴァイネフライシュまとめ@おんJ

2ちゃんねるのまとめサイトです!よろしくね!!(*´ー`*)

       
       
       

カテゴリ: 内川コピペ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/06/25(木)21:48:07 ID:Cl8
本拠地、東京ドームで迎えた広島戦

先発メルセデスが大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった

テレビの前で響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年もカープには負け越しだな」の声

無言で帰り始める選手達の中、2代目若大将岡本は独りベンチで泣いていた。

最年少3割30本100打点で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・

それを今の巨人で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」岡本は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、岡本のははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰ってメッシャミーンをしなくちゃな」岡本は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、岡本はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」

ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった

千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにジャイアンツの応援歌が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする岡本の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「岡本、お前は二軍だ、早く行け」声の方に振り返ったは目を疑った

「よ・・・由伸さん?」  「なんだ太腿、居眠りでもしてたのか?」

「吉川さん?日ハムに戻ったはずじゃ・・・」  「なんだ和真かってに光夫を返品しやがって」

「長野さん・・・」  岡本は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1番:中井 
2番:立岡 
3番:坂本 
4番:阿部 
5番:マギー 
6番:長野 
7番:橋本到 
8番:小林 
9番:吉川光

暫時、唖然としていた岡本だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「俺が・・・最後の希望なんだ!」

重信からグラブを受け取り、ジャイアンツ球場へ全力疾走する岡本、その口元に浮かぶ笑みは緊張とは無縁のものだった・・・

翌年、栃木で冷たくなっている村田が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




2 :名無しさん@おーぷん 20/06/25(木)21:48:52 ID:ufO
内川飛び出したのにスタメンちゃうやん…



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/06/21(日)19:41:12 ID:X2D
近江国、賤ヶ岳で迎えた羽柴戦

先発勝豊が大量失点、前田も裏切り惨敗だった

陣に響く兵士のため息、どこからか聞こえる「柴田軍も滅亡だな」の声

無言で討ち取られる兵士達の中、織田の重臣柴田勝家は独りベンチで泣いていた。

織田軍で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる仲間・・・

それを今の柴田軍で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」柴田は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、柴田ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい陣の感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰ってお市と熱い夜を過ごさなくちゃな」柴田は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、柴田はふと気付いた


「あれ・・・?兵士達いる・・・?」


北ノ庄城から飛び出した柴田が目にしたのは、越前国を埋めつくさんばかりの観客だった

千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように柴田軍の声が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする柴田の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「カツイエ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った柴田は目を疑った

「と・・・利家?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」

「の・・・信孝様?」  「なんだ柴田、かってに信孝様に仕えやがって」

「滝川・・・」  柴田は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1番:前田利家 
2番:金森長近 
3番:佐久間盛政 
4番:柴田勝家 
5番:毛受勝照 
6番:内川聖一 
7番:佐々成政 
8番:柴田勝政 
9番:織田信孝

暫時、唖然としていた柴田だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

滝川から刀を受け取り、羽柴軍へ全力疾走する柴田、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている柴田勝家が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




2 :名無しさん@おーぷん 20/06/21(日)19:41:31 ID:WQF
絶対に息を引き取る吉村と村田好き



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/06/09(火)20:21:04 ID:eGF
どこかからファンの声を聞くために息を吐き、多くの打線のゴールを見せることなく壊滅的な敗北を喫したピッチに鳴ったファンのためため息をつき、勢いを示し、三浦の横浜スタジアムでの大会の出発点。

クラウン喜び私がWBCで持っている気分と最も信頼できるチームメイトは、現時点では横浜でそれを得ることはほとんど不可能です。

「家に帰って訓練しなければならない」と内川は言った。

彼が立ち上がって、ねじれた笑顔で伸ばしたときに気づいた。


「それは..私はクライアントを持っている.


ベンチから飛び降りた内川は、スタジアムの外で何千人もの人々が席を埋め尽くしているように見える内川の背中におなじみの声を見せ、ベイスターの陽気な音楽は地元の声のように響き渡り、ナイカワは「精一、守備の練習、早く行こう」という音で振り返りました。」

「見て..「内川とは何か、小山田氏を引退させてください」

石志
2:波
No.3:鈴木久志
4: ローズ
No. 5: 小マダ
6: 内川
7: 新道
8: しげる谷
9: 高高


しかし、彼はすべてを理解するとき?

内川は長根を手にして地面に走り、目に輝く涙は後悔するばかり。

翌日、ベンチでクールな内川選手が見つかり、吉村と村田は静かにしていた。



-タイ語再翻訳-




2 :名無しさん@おーぷん 20/06/09(火)20:21:49 ID:Iot
ねじれた笑顔すき



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)23:26:15 ID:BPO
本拠地、コスタールで迎えた勇者戦

先発ガマデウスはそこそこ好投、自身は勢いを見せず惨敗だった

灯台に灯る聖なる種火、どこからか聞こえる「ヘルクラウダーの方が強いな」の声

親元に帰り始める赤ん坊達の中、石板世界最後のボスバリクナジャは独り灯台で泣いていた

10で手にすることになる大役、喜び、感動、そして何よりフリーズしないゲーム環境・・・

それを今の7で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」バリクナジャは悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、バリクナジャははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい床の感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰ってテリワンに出なくちゃな」バリクナジャは苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、バリクナジャはふと気付いた


「あれ・・・?空が暗い・・・?」


灯台から飛び出したバリクナジャが目にしたのは、大陸を埋めつくさんばかりの暗闇だった

鬱になりそうなほどに村が荒れ、葬式のように暗い村の音楽が響いていた

どういうことか分からずに呆然とするバリクナジャの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「バリクナジャ、人間だ、早く行くぞ」声の方に振り返ったバリクナジャは目を疑った

「ゴ・・・ゴーレム?」  「なんだバリカス、居眠りでもしてたのか?」

「チョ・・・チョッキンガー?」  「なんだバリクナジャ、かってにチョッキンガーを呼び捨てにしやがって」

「マチルダさん・・・」  バリクナジャは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1番:サボテンボール 
2番:リップス 
3番:スライム 
4番:バリクナジャ 
5番:オニムカデ 
6番:内川 
7番:ちゅうまじゅう 
8番:ナスビナーラ 
9番:ねこまどう

暫時、唖然としていたバリクナジャだったが、全てを理解した時、もはや彼の体には毒ひとつ無かった

「勝てる・・・勝てるんだ!」

レベル1の勇者一行へ、全力で鞭を振り下ろすバリクナジャ、その腕から繰り出される一撃は弱さとは無縁のものだった・・・

翌日、猛毒で冷たくなっているバリクナジャが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った




2 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)23:27:46 ID:2ZN
いくらなんでも草



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)00:00:58 ID:t2x
本拠地、公衆トイレで迎えた排泄戦

先発肛門が完全試合、腸も勢いを見せず惨敗だった

隣個室から響くファンのため息、どこからか聞こえる「おんJ終わったな」の声

無言で帰り始めるフンコロガシ達の中、昨年の排便王(o'ω'n)は独り便座で泣いていた。

W.C.で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる排泄活動・・・

それを今のコンディションで得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだおん・・・」

(o'ω'n)は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、(o'ω'n)ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい便座の感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰って食物繊維をとるおん」(o'ω'n)は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、(o'ω'n)はふと気付いた

「あれ・・・?この臭いは・・・?」

トイレから飛び出した(o'ω'n)が目にしたのは、地表を埋めつくさんばかりの糞便だった

千切れそうなほどに肛門が開かれ、地鳴りのように排泄音が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする(o'ω'n)の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「おんちゃん、絶叫脱糞の時間だ、早く行くぞ」声の方に振り返った(o'ω'n)は目を疑った

「マ・・・マグネシウム?」 「なんだおんちゃん、居眠りでもしてたのか?」

「セ・・・センノシド?」  「なんだおんちゃん、かってにプルゼニドをジェネリックにしやがって」

「イチジク浣腸・・・」  

(o'ω'n)は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた


1番:イチジク浣腸 
2番:ラクツロース 
3番:酸化マグネシウム 
4番:ラキソベロン 
5番:プルゼニド 
6番:内川 
7番:アミティーザ 
8番:リンゼス 
9番:カルメロースナトリウム


暫時、唖然としていた(o'ω'n)だったが、全てを理解した時、もはや彼女の心には雲ひとつ無かった

「出せる・・・出せるんだおん!」

ペーパーホルダーから紙を受け取り、トイレへ全力疾走する(o'ω'n)、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・


翌日、便器で冷たくなっているうんちが発見され

吉村と村田は病院内で静かに息を引き取ったあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)




2 :名無しさん@おーぷん 20/05/30(土)00:12:56 ID:R7j
涙流さずウンコ長瀬



この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/05/11(月)18:10:46 ID:Xpa
本拠地、横浜スタジアムで迎えた中日戦。

先発三浦が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった。

スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声。

無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者内川は独りベンチで泣いていた。

WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト…。

それを今の横浜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった。

「どうすりゃいいんだ…」内川は悔し涙を流し続けた。

どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた。

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した。

「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた。

立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた。


「あれ…?お客さんがいる…?」


ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。

千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにベイスターズの応援歌が響いていた。

どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた。

「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った。

「す…鈴木さん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」

「こ…駒田コーチ?」  「なんだ内川、かってに駒田さんを引退させやがって」

「石井さん…」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた。

1番:石井琢 
2番:波留 
3番:鈴木尚 
4番:ローズ 
5番:駒田 
6番:内川 
7番:進藤 
8番:谷繁 
9番: 斎藤隆

暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった。

「勝てる…勝てるんだ!」

中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった …。


翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った。




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/04/20(月)19:15:28 ID:U1j
本拠地、PayPayドームで迎えられない開幕戦

日本は緊急事態宣言、コロナウイルスになすすべなく惨敗だった

ネットに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年はもう無理だな」の声

誰もいない球場の中、昨年の首位打者内川は独りベンチで泣いていた。

プロ野球で手にした栄冠、屈辱、感動、そして何よりファンの大歓声・・・

それを今の地球で得ることは殆ど不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた

どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた

どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した

「やれやれ、帰って自粛をしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた

立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた


「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」

ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった

千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにソフトバンクの応援歌が響いていた

どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた

「内川さん守備練習ですよ、行きましょう」声の方に振り返った内川は目を疑った

「ほ・・・本多?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」

「デ・・・デスパイネ?」  「なんだ内川、かってにキューバに帰国させやがって」

「工藤監督・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

1番:周東 
2番:今宮 
3番:グラシアル 
4番:柳田 
5番:バレンティン 
6番:内川 
7番:グラシアル 
8番:松田 
9番:甲斐

暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

「できる・・・できるんだ!」

中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・




この記事の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無しさん@おーぷん 20/04/14(火)22:19:37 ID:fRo
ホームポイント、横浜大聖堂で迎えた月の光を吸収して強くなる中日戦

まるでアレクサンダーの如く先発ミュラーが大量失点、ノッキング・レイも溢れんばかりのパワーを見せず惨敗…つまり、全て俺のせいだった

大聖堂に木霊する偶像崇拝者のホーリー・ゴッド・ブレス、何処からか聞こえる「存在そのものが罪である今年は100敗だな」の“届く事のない”声

詠唱破棄で帰り始める選手どもの中、昨年の最強戦力打者内川はソロプレイベンチで苦痛を受けていた

WBCで血塗られし我が手に開放した栄冠、喜び、精神支配、そして何より信頼できるとされているチームメイト直伝で剣術を習った男...

それを”俺たちの時代”の横浜でゲインすることは殆ど不可能と言ってよかった

「如何すれば...俺はどうなってもいいんだ...」アゴは悔し涙(サルタオレンジ味)を流し続けた




この記事の続きを読む