シュヴァイネフライシュまとめ@おんJ

2ちゃんねるのまとめサイトです!よろしくね!!(*´ー`*)

       
       
       

カテゴリ: クソスレ

1 :名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)00:25:37 ID:fI1
ベジータ「クソったれぇぇぇぇぇえええ!!」バブリブリブリブリ

トランクソ「父さん…」モリモリモリモリ




2 :名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)00:26:20 ID:915
笑いで勢いって大事なんやなって



この記事の続きを読む

1 :名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)00:49:27 ID:PiB
肛門「いや、多分やけど屁やで」

ワイ「なんかウンコの感覚があるぞ」

肛門「大丈夫や、屁やでね」

ワイ「ほならするわ」ブリリビジュッ!!

ワイ「」

肛門「すまん」




2 :名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)00:50:12 ID:iFh
ワイ「ええんやで」



この記事の続きを読む

1 :名無しさん@おーぷん 19/08/03(土)16:59:17 ID:DCb
彡(;)(;)「空いてるよかったああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」ブリッ

彡()()「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)




3 :名無しさん@おーぷん 19/08/03(土)16:59:56 ID:7kd
わかる



この記事の続きを読む

1 :名無しさん@おーぷん 19/07/28(日)09:56:00 ID:Xgk
どうしてだか、紙は添えられていない。ワイは感情のこもらぬその視線から目を逸らし、レバーに手を掛けた。

「お前さんも、他の奴らと同じかい」

うんこが諦めたように言う。他人のうんこに話しかけられたのは初めてだった。

「いいさ、流すといい。それで俺ぁお終いさ。お前は気分良くうんこをぶりぶりできるだろうよ」
「お前に」ワイは言った。「お前に、恨まれる筋合いはない」

うんこは流される。それが世界のルールだ。ワイが決めたわけじゃない。そういう風に世界ができているから、そういう風にするだけなのだ。

「恨んじゃいねえよ」うんこが笑う。「ただ…哀しいな、って思ってよ」
「哀しい?」
「お前さん、本当に俺を流したいのかい?」
「何を」

何を馬鹿なことを。うんこは流すものだ。そう決まっているのだ。でなければ、これまで幾千万と流してきたワイのうんこはなんだったというのか。
そうだ、これはただの命乞い。うんこ風情が幾ら理屈を並べ立てても、世界のルールは覆らない。
それなのに、レバーを握る手が、縛られたかのように動かない。

「俺には分かる。お前もきっと…分かってるはずだ」
「違う…俺はお前を流すんだ」

だって、あの時も。あの時も。ワイはいつだって流してきた。

『この子を流しちゃうの?』

声が聞こえた気がした。幼き頃の自分の声が。

『可哀想だよ…』

うんこは流すものなの。可哀想なんて、思っちゃだめよ。
母はきっと、ワイのことを思ってそう言ったんだろう。
そうだ、でも、あの時のワイは。あの時から、ワイは……。

「……流さない」


ワイはゆっくりと、しかし決意を込めて言う。


「ワイは今日から……うんこを流さない」

「……ふ」


うんこが笑った。ワイも静かに笑う。
それでも世界のルールは、いつか彼をこの世から消し去ってしまうだろう。
だがそれをするのはワイではない。ワイはもう、この下らないルールから降りることにしたのだ。
うんこ、これまでごめんな。これが贖罪になるとは思わないが、せめて今日は、君達のために祈りを捧げよう。




6 :名無しさん@おーぷん 19/07/28(日)10:09:00 ID:Aqe
海辺のカフカすきそう



この記事の続きを読む

1 :名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)00:41:35 ID:liJ
うんこ「へ、屁です…」
肛門「そうか通れ!」
うんこ「やったぜ!」

ワイ「おなら出そう」プッ
うんこ「よろしくニキーw」
ワイ「え…?」




2 :名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)00:42:27 ID:7i1
クソがはびこるこの世界



この記事の続きを読む