シュヴァイネフライシュまとめ@おんJ

2ちゃんねるのまとめサイトです!よろしくね!!(*´ー`*)

       
       
       

カテゴリ: データまとめ

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/09(金)20:26:46 ID:eCu
平成以降の高卒入団選手の、大卒選手が
入団するまでの4年間の勝利数のランキングを貼ってくで

表記の見方は

【名前 4年間勝利数 4年間投球回 該当期間 球団 通算成績】

というようになってるで

11勝から順にいきます

3: 名無しさん@おーぷん 2018/02/09(金)20:28:18 ID:eCu

37井川 慶 11勝 246.2回 1998-2001 阪神② 93勝1S 1387.2回

37坂元弥太郎 11勝 210.2回 2001-2004 ヤクルト④ 19勝13H

37松井裕樹 11勝 303.1回 2014-2017 楽天① 11勝30H96S☆

4: 名無しさん@おーぷん 2018/02/09(金)20:29:10 ID:eCu
名前の横に印が付いてるのは左腕 ☆は現役選手やで

10: 名無しさん@おーぷん 2018/02/09(金)20:33:26 ID:eCu
球団名の横はドラフト順位やで

この記事の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/06(火)22:20:32 ID:7oW
さっきは繋がらんくなったから時間を置いてみたで
今度こそ81~去年までの阪神の中継ぎを紹介しようと思います
50人以上おるから1人1人は紹介できんけど年代ごとにまとめたで
あと2010年以降のファンやから昔の選手には疎いけどそこのところはよろしく

2: 名無しさん@おーぷん 2018/02/06(火)22:21:50 ID:7oW
ルールはシーズンの中継ぎ登板30以上の選手のみ
左から登板数 中継ぎ登板 勝 負 S H 投球回 三振 防御率や

4: 名無しさん@おーぷん 2018/02/06(火)22:22:37 ID:7oW
んじゃ81年から行くで

5: 名無しさん@おーぷん 2018/02/06(火)22:22:50 ID:1mm
期待

この記事の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/04(日)22:44:37 ID:btm
強打の捕手が絶滅されたと言われているので調べてみたで

捕手として試合に出てないと意味がないから
たとえ捕手登録で条件クリアしても捕手としての出場が
チーム試合数の1/2を超えない選手は入れなかったで
(例:2016年近藤など)
ほんじゃあ古い年から貼ってくわ

2: 名無しさん@おーぷん 2018/02/04(日)22:45:25 ID:btm
>>1
例が間違えてた
2015年近藤

4: 名無しさん@おーぷん 2018/02/04(日)22:46:18 ID:EqN
期待

この記事の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/02(金)07:27:14 ID:c2b
ベスト1~20

1 松江(山 陰 本 線) 4,522 人
2 出雲市(山 陰 本 線) 2,587 人
3 乃木(山 陰 本 線) 882 人
4 安来(山 陰 本 線) 859 人
5 浜田(山 陰 本 線) 788 人
6 揖屋(山 陰 本 線) 704 人
7 宍道(山 陰 本 線) 611 人
8 益田(山 陰 本 線) 575 人
9 大田市(山 陰 本 線) 524 人
10 松江しんじ湖温泉(北松江線) 481 人

11 荒島(山 陰 本 線) 415 人
12 直江(山 陰 本 線) 399 人
13 江津(山 陰 本 線) 369 人
14 玉造温泉(山 陰 本 線) 357 人
15 荘原(山 陰 本 線) 356 人
16 出雲大社前 (大 社 線) 346 人
17 西出雲(山 陰 本 線) 301 人
18 電鉄出雲市(北松江線) 285 人
19 仁万(山 陰 本 線) 282 人
20 津和野(山 口 線) 233 人

この記事の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/19(金)16:59:26 ID:yHW
昨シーズン各打順ごとにスタメンでどれだけ得点圏で回ってくるかを調べた
それぞれ得点圏打数の回数を比較して実際に4番が一番多いのかをまとめた

ついでにそれぞれの打率とその打順についた主なバッターも載せたで
(主なスタメン打者はPRiVATE LiFEってサイトを参考にしたから実際とは違うかもしれんから注意)

セリーグから1球団ずつ見ていくで

引用元
【検証】四番打者は本当にチャンスで回ってくるのか
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516348766/
この記事の続きを読む