1 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:10:00 ID:kjT
(´^ω^`)「嬉しいな!嬉しいな!」
周り「おい…あいつ…」
彡(゚)(゚)「…」

月末になると原ちゃんは
薄い給料袋の封も切らずに
必ず横町の角にある郵便局へ
とび込んでゆくのだった
仲間はそんな彼をみて
みんな貯金が趣味のしみったれた奴だと
飲んだ勢いで嘲笑っても
原ちゃんはニコニコ笑うばかり




2 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:10:32 ID:kjT
(´; ω ;`)「…」
彡(゚)(゚)「…」

僕だけが知っているのだ
彼はここへ来る前にたった一度だけ
たった一度だけ哀しい誤ちを犯してしまったのだ




3 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:11:03 ID:kjT
(´-ω-`)「(早く…帰ろう…)」
(´・ω・`)「あっ! ! ! !」キキ---!!!

配達帰りの雨の夜横断歩道の人影に
ブレーキが間にあわなかった
彼はその日とても疲れてた




4 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:11:28 ID:kjT
(´; ω ;`)「すみません!すみません!」
女性「……………」
彡(゚)(゚)「…」

人殺しあんたを許さないと彼をののしった
被害者の奥さんの涙の足元で
彼はひたすら大声で泣き乍ら
ただ頭を床にこすりつけるだけだった




10 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:12:25 ID:kjT
(´•ω•`)「……………どうか」ガサガサ
(´•ω•`)「……どうか受け取って下さい…」

それから彼は人が変わった何もかも
忘れて働いて働いて
償いきれるはずもないがせめてもと
毎月あの人に仕送りをしている




12 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:12:51 ID:kjT
(´; ω ;`)「……!………!」
彡(゚)(゚)「…」

今日原ちゃんが僕の部屋へ
泣き乍ら走り込んで来た
しゃくりあげ乍ら彼は
一通の手紙を抱きしめていた
それは事件から数えて
ようやく七年目に初めて
あの奥さんから初めて彼宛に届いた便り




14 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:13:15 ID:kjT
彡(゚)(゚)「………」

「ありがとうあなたの優しい気持ちは
とてもよくわかりました
だからどうぞ送金はやめて下さい
あなたの文字を見る度に
主人を思い出して辛いのです
あなたの気持ちはわかるけど
それよりどうかもう
あなたご自身の人生を
もとに戻してあげて欲しい」




15 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:13:37 ID:kjT
手紙の中身はどうでもよかったそれよりも
償いきれるはずもないあの人から
返事が来たのがありがたくてありがたくて
ありがたくて ありがたくて ありがたくて




18 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:14:00 ID:kjT
彡(;)(;)「~~~~!!!!!」

神様って思わず僕は叫んでいた
彼は許されたと思っていいのですか
来月も郵便局へ通うはずの
やさしい人を許してくれてありがとう




19 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:14:22 ID:kjT
人間って哀しいね
だってみんなやさしい
それが傷つけあってかばいあって
何だかもらい泣きの涙がとまらなくて
とまらなくて とまらなくて とまらなくて

原作 : さだまさし「償い」




27 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:16:49 ID:kjT

 

https://youtu.be/raa-RWOalu8


25 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:16:25 ID:Zsd
ワイは泣いた



29 :名無しさん@おーぷん 19/07/26(金)02:30:18 ID:Gwh
これ最後はハッピーエンドやけどほんと辛い



26 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:16:30 ID:tPA
歌詞に唐突に味噌汁入れる変人やと思ってたわ

ええやん




23 :名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)23:15:18 ID:CbX
さだまさしは関白宣言が至高




引用元
(´^ω^`)「給料日だ!貯金しよう!」彡(゚)(゚)「…」